副業で月5万円稼げるWebライターへの5ステップ

「副業で月5万円稼げるようになりたい」
「Webライターの収入が上がらない…」
「どうすれば稼げるようになるのかわからない」

副業で月に5万円ぐらい稼げると生活がラクになるのに…と思っていませんか?
なにをしたらいいのかわからず、なかなか動き出せない方も多いでしょう。

結論からいうと、行動さえできればあなたも月5万円稼げるようになります。

そこでこの記事では

  • 5万円を稼ぐための5STEP
  • 押さえておきたいポイント
  • 副業で5万円を目指すときの注意点

      を紹介します。

      最後まで読むことで、副業で稼げるWebライターへの第一歩が踏み出せるでしょう。
      ぜひご覧ください。

      この記事の著者

      Mariko

      • 在宅Webデザイナー歴10年・Webライター歴2年
      • 未経験から40歳でWebライターデビュー
      • 3ヶ月で単価2円の継続案件ゲット
      • 半年後には単価3円にアップ!

      副業でも月5万稼ぐのは十分に可能

      月に5万円はムリな目標ではありません。
      まずは具体的にイメージしてみましょう。

      Webライターの報酬は大きく分けて2種類あります。

      • 文字単価:1文字〇〇円
      • 記事単価:1記事〇〇円

        この記事では文字単価で解説していきます。

        目標金額に対して、文字単価によって必要な文字数が変わってきます。

        【月5万円を目指す場合】
        ・文字単価0.5円
         →100,000文字 

        ・文字単価1円
         →50,000文字

        次にこの文字数を達成するためには、日々どれだけ執筆する必要があるかイメージしてみてください。

        【平日に1時間+週末に数時間作業する場合】
        ・文字単価0.5円
         →100,000文字必要
         毎日2,000文字+土日に8,000文字ずつ
         (2,000文字✕5日)+(8,000文字✕2日)✕4週=106,000文字 

        ・文字単価1円
         →50,000文字必要
         毎日1,000文字+土日に4,000文字ずつ
         (1,000文字✕5日)+(4,000文字✕2日)✕4週=52,000文字  

        平日に毎日2,000文字執筆するのは、相当な負担になります。
        毎週末の8,000文字もあまり現実的ではないでしょう。

        文字単価1円になれば、必要な執筆量は平日1,000文字、土日に4,000文字となり、実現可能な数字となります。

        文字単価1円以上になれば、副業で月5万円は現実的』ということをおさえてください。

        Webライターで月5万円を稼ぐための5STEP

        月5万円を稼ぐための具体的な方法を、5ステップでご紹介します。

        1. ライティングを学ぶ
        2. 自分のブログを書く
        3. 案件に挑戦する
        4. フィードバックをいかして改善する
        5. 単価の高い案件に挑戦する

                大切なのは1~5を繰り返し、コツコツと積み重ねていくことです。
                それぞれ解説していきます。

                STEP1.ライティングを学ぶ

                ライティングを学び、まず基本的な文章力を身につけましょう。
                最初はわかりやすく読みやすい文章が書ければOK。

                大事なのは学びをやめないことです。
                Webライターになってからも、常に次のステップに進むために学び続けましょう。

                ライティングは本や動画で学べます。
                おすすめの教材を紹介しますので、気になったものから学んでみてください。

                【おすすめの勉強本】

                 

                【おすすめのWebサイト】

                STEP2.自分のブログを書く

                ライティングを学んだら、次は実践です。
                自分のブログを書いて練習していきましょう。

                noteのような無料サービスなら、手軽にブログをはじめられます。
                WordPressが得意な方は、自分でサイトを立ち上げてもいいでしょう。

                ▶参考:Webライター向けWordPressブログ構築&運用ガイド

                 

                文章は書かなければスキルアップしません。
                学ぶだけではなく、自分のブログでいろいろ実践してみてください。

                ブログはクライアントが見る可能性もあります。
                書くべきでない内容を判断し、マナーを守って書き続けましょう。

                STEP3.案件に挑戦する

                学びと実践の次は、いよいよ案件に挑戦です。

                実績をまとめ、確認してもらいやすいように準備しておきましょう。
                まだ実案件がない場合、自分のブログも実績になります。

                STEP1~2を十分に繰り返していれば、いきなり1円以上の案件に応募するのもあり。

                私も駆け出しのころから「1円以下の案件には応募しない」と決めていました。
                もちろん応募できる案件の件数は減ります。
                しかし割りに合わないと感じる仕事は少なく、おかげで疲弊することなく活動できています。

                「まだ初心者だから…」と諦めず、気になる案件には積極的に応募していきましょう。

                【案件を探すおすすめの方法】

                1.SNSで探す
                →Twitterで「ライター募集」と検索すればたくさん出てきます。
                提示されているルールに従って応募してみましょう。

                応募の前に、以下の内容を確認しておくことをおすすめします。

                • 募集内容
                • 掲載予定メディア
                • 募集しているアカウントの情報や過去のツイート

                 

                2.クラウドソーシングで探す

                クラウドワークスランサーズには、初心者OKの案件も多く掲載されています。
                ただし低単価案件が多く、搾取してくる質の悪いクライアントもいるため注意が必要。
                掲載情報をしっかりと確認し、案件を選んで応募してください。

                また他の方法と違い、契約や入金の管理は必要ありません。安心ですが、20%程度の手数料がとられることも頭に入れておきましょう。

                 

                3.求人募集に応募する
                →Google検索で「Webライター募集」と検索すると求人がたくさん出てきます。
                即戦力を求める募集が多く見られますが、中には初心者OKの求人も。

                興味のあるジャンルや得意な分野があれば、どんどん応募してみましょう。

                STEP4.フィードバックをいかして改善する

                クライアントからもらったフィードバックは成長のチャンスです。
                指摘された改善点を意識すれば、スキルアップにつながります。

                フィードバックを受けたあとは、必ず次回以降に活用しましょう。

                【おすすめの活用方法】

                • 指摘事項をExcelなどにまとめる
                • 次回以降、同じ指摘を受けないよう意識する
                • 以前の指摘事項を確認してから執筆する

                  私はクライアントごとにフィードバックをまとめて保存しています。
                  フィードバックにはクライアント独自のルールや方針が含まれることも。
                  執筆前にさっと確認して、同じミスをしないように心がけています。

                  フィードバックをもらえないクライアントの場合、ココナラなどの有料サービスで添削を受けて学ぶ手もあります。

                  最大限にいかして、スキルアップしていきましょう。

                  STEP5.単価の高い案件に挑戦する

                  経験を積んで実績が増えてきたら、単価2円以上の案件に挑戦してみましょう。

                  いつまでもおなじ単価の仕事を続けていては、なかなか報酬は上がりません。
                  より高単価の案件に挑戦してみてください。

                  自分が得意なジャンルで応募するのがおすすめです。

                  いつでも挑戦できるように、学びと行動のサイクルを続けてスキルアップし続けましょう。

                  STEP1〜5を繰り返して実践し続ければ、必ず月5万円稼げるWebライターになります。
                  諦めずにコツコツと積み重ねていきましょう。

                  月5万円稼げるようになるために押さえておきたい5つのポイント

                  ここでは押さえておきたいポイントを5つご紹介します。

                  1. 朝の時間を有効活用する
                  2. 低単価の仕事を切る勇気も必要
                  3. 集中できる環境をつくる
                  4. 得意ジャンルを絞る
                  5. スキマ時間を活用する

                          それぞれ順番にご説明します。

                          1.朝の時間を有効活用する

                          朝いつもより少し早く起きて、執筆時間にしてみましょう。
                          決まった時間を確保しやすいため、作業におすすめです。

                          夜は本業次第で執筆時間がとれなくなる日もあります。
                          毎日作業できるかもわかりません。

                          仕事が早く終わった日であっても、さっさと寝て心身を休ませましょう。
                          そしていつもより1時間早起きしてみてください。
                          毎朝1時間の執筆時間が確保できます。

                          朝は1日の中で一番仕事がはかどる時間。
                          毎日続けられるように、まずは早く寝る習慣作りから、初めてみてください。

                          2.低単価の仕事を切る勇気も必要

                          実績ができたら、割りの合わない低単価案件は切っていく勇気をもちましょう。

                          収入が上がらず悩んでいる初心者に多いのが、低単価案件で疲弊しているパターンです。

                          【4,000文字の記事を5件執筆する場合】

                          文字単価0.1円
                          →4,000文字×0.1円×5件=2,000円の報酬

                          文字単価1円
                          →4,000文字×1円×5件=20,000円の報酬

                          文字単価2円
                          →4,000文字×2円×5件=40,000円の報酬

                          同じ文字数を執筆しても、文字単価によって報酬額に大きな違いが出ます。
                          文字単価が上がれば、同じ報酬額でも作業量が減って、ムリのない継続が可能。

                           

                          実績を積めば、もう初心者ではありません。
                          自信をもって文字単価1円以下の案件はお断りして、自分で単価を上げていきましょう。

                          3.集中できる環境をつくる

                          限られた時間を有効に活用するためにも、集中して作業できる環境をつくりましょう。
                          快適な作業場所は効率のいい執筆につながります。

                          作業に集中できない原因があるなら、対策を考えてみてください。

                          【集中スペース作りのおすすめ】

                          • スマホは目に入らない場所に置く
                          • テレビはつけない
                          • パソコンの周りになるべく物を置かない
                          • 好きな音楽をかける

                                私の場合は、音楽を聴きながら作業するほうが集中できます。
                                そこでいろいろ試して、数年かけてデスク周りの音楽環境を整えました。

                                オーディオの専門店まで足を運び、できるだけ費用をおさえて実現できるものを検討。
                                コンパクトにしたいけれど、音にもこだわりたい。
                                デスクに置けるサイズのスピーカー、ご近所に迷惑がかからないウーハーを購入。

                                スマートスピーカーと連動させて、気分次第で好きな音楽をかけられるようにしました。
                                気持ちよく働ける快適空間のできあがりです。

                                おかげで作業に集中しやすく、気持ちのオンオフがつけやすくなりました。

                                自分に合った環境をみつけて、整えてみてください。

                                4.得意ジャンルを絞る

                                自分が好き・得意なジャンルを見つけ、特化するのがおすすめです。

                                苦手なジャンルはリサーチにも執筆にも時間がかかってしまいます。

                                知識や経験がある得意ジャンルなら、リサーチに時間がかかりません。
                                内容の詰まった記事を書きやすく、文字単価アップしやすいともいえます。

                                まだなにも専門性がない場合、まずはいろんな分野で執筆してみて、徐々に専門分野を作っていくとよいでしょう。

                                得意ジャンルはWebライターの差別化として、大きな武器にもなります。
                                これだと思うものがあれば、どんどんチャレンジしてきましょう。

                                5スキマ時間を活用する

                                副業で稼ぎたいなら、スキマ時間を活用するのがおすすめです。
                                日常のちょっとした時間を上手に使えれば、執筆時間を増やすこともできます。

                                【スキマ時間活用方法の例】

                                • 電車の中で記事リサーチ
                                • 休憩時間にスマホで本を読む
                                • 移動中や別の作業をしながら動画や音声配信で学ぶ
                                • スマホで案件探し

                                    私の場合、学びはスキマ時間だけで済ませています。
                                    スマホでネット記事を読んだり、家事をしながら動画や音声配信を聴いたり。

                                    おかげでしっかり学びを続けられて、執筆時間も確保できて一石二鳥です。

                                    1回5分のスキマ時間でも、10回あれば50分活用できます。
                                    毎日50分、1週間で350分。
                                    これだけの時間を学びに使えば、たくさんのことを身につけられます。

                                    忙しい副業ライターだからこそ、スキマ時間を活用していきましょう。

                                    副業で5万を目指す注意点

                                    副業だからこそ注意したい点を5つご紹介します。

                                    1. 睡眠時間は削らない
                                    2. すべて勉強しようとしない
                                    3. ムダな時間を削る
                                    4. 仕事は自分からとりにいかなければならない
                                    5. 一定以上稼ぐようになると確定申告が必要

                                            1.睡眠時間は削らない

                                            できるだけ睡眠時間を削らずに執筆しましょう。

                                            本業が終わってから夜遅く、眠い目をこすりながら執筆するような生活はおすすめしません。
                                            体調を崩して本業に支障が出てしまっては、本末転倒です。

                                            本業を続けながら副業で稼ぐなら、継続できる仕組みづくりが大切です。
                                            なるべく睡眠時間をしっかりとって、健康的な生活を心がけてください。

                                            2.すべて勉強しようとしない

                                            副業の場合、あれもこれも手を出してはいけません。

                                            スキルアップは大切です。
                                            しかしすべてを学ぼうとすると、時間がいくらあっても足りません。

                                            効率的に学ぶために、必要な情報に優先順位をつけましょう。

                                            例1:WordPressは必要?
                                            →自分でサイト立ち上げまで学ぶ必要はありません。記事入稿ができるまで学べばひとまずOK。
                                            ▶参考:Webライター向けWordPress入稿ガイド

                                            例2:マーケティングについて学ぶ必要はある?
                                            →副業ライターで月5万円を目指すには不要です。後回しでOK。

                                            月5万円を稼ぐために必要なことなのか考え、適切なものから学んでいきましょう。

                                            3.ムダな時間を削る

                                            副業で月5万円稼ぎたいと思うなら、時間をいかにうまく使うかがポイント。
                                            ムダをはぶいて時間を上手に使うことを意識しましょう。

                                            ムダにつかっている時間の例

                                            • とくに意味もなく1日に何度もSNSを眺めている
                                            • なんとなくテレビをつけて見ている
                                            • 目的もなくネットサーフィンをしている

                                                このような時間を学びや執筆の時間に変えていきましょう。

                                                私も最初のうちはかなりムダな時間を過ごしていました。
                                                リサーチをしていたはずが、いつの間にか関係ないWebサイトをダラダラと見てばかり…。
                                                気がつくと30分かかってもリサーチが進んでいない、なんてことも。

                                                そこでリサーチの際にはタイマーを15分で設定し、タイマー中は他の作業禁止にしました。
                                                すると集中して作業できるようになり、あっという間にリサーチ完了。

                                                おかげでムダなネットサーフィンの時間を削り、執筆時間に余裕をもてるようになりました。

                                                生活の中のムダな時間を見つけて、どうしたら削れるか考えてみてください。

                                                4.仕事は自分からとりにいかなければならない

                                                Webライターは自営業です。
                                                案件に積極的に応募していく行動力が必要。仕事がくるのを待たず、自分でとりにいきましょう。

                                                実績を積んだなら、クライアントとの直接契約を狙うもおすすめ。

                                                不採用になっても落ち込む必要はありません。
                                                学びと実践を繰り返して、どんどん仕事をとりにいきましょう。

                                                5.一定以上稼ぐようになると確定申告が必要

                                                副業で年間20万円以上の所得がある場合、確定申告をしなければいけません。

                                                ▶参考:確定申告が必要な方(国税庁)

                                                確定申告とは、1年間の所得に対してかかる税金を計算し、納めるべき税金を報告するための手続きです。


                                                月5万円稼いだ場合、年間の収入は60万円。
                                                「2月中旬~3月中旬に、確定申告という作業を行う必要がある」ことを頭に入れておきましょう。

                                                詳しく知るには、以下の本がおすすめです。

                                                ▶「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」

                                                漫画形式で非常にわかりやすく説明してくれます。

                                                副業していくにあたり、最低限の税金の知識は必須。
                                                1度読んでおくだけで確定申告への不安を消せるので、チェックしておくことをおすすめします。

                                                コツコツ継続していれば月5万円稼ぐWebライターになれる

                                                学びと行動を続けられれば、必ず収入は上がり月5万円を実現できます。
                                                本業にいかせるスキルも増えるでしょう。

                                                月に5万円稼げるようになれば、10万・20万とステップアップも可能。
                                                将来的にフリーランスへの道を目指せます。

                                                大事なのは、諦めずにコツコツと続けることです。

                                                できるかどうか悩んでいるなら、まずはいますぐ学びはじめてみましょう。