全Webライターに「ディレクター経験」が必要な3つの理由

「記事を書きたいから、ディレクターには興味ない」
「Webライターとしての成長に限界を感じている」
「ディレクターってどうやってなるの?」

どうも!
Webディレクターのじゃぱそんです。

最近人の記事見てばかりだったのですが、久しぶりに書いてみて気づきました。
「俺、ディレクターやったことでライターとしても成長してる…!?」

結論、全ライターはディレクターをやるべきです。
ディレクター経験を積むとライターとして格段にスキルアップします。

この記事では

  • すべてのライターがディレクターをやるべき3つの理由
  • ディレクターになるための2ステップ

を解説します。

記事を読めば、今すぐにでもディレクター経験を積み始められます。
ぜひ最後までご覧ください。

すべてのWebライターにディレクター経験が必要な3つの理由

全Webライターにディレクター経験が必要な理由は3つです。

  1. 客観的に記事を読める
  2. 「なんとなく行ってきた修正」に理由がつく
  3. ディレクターの気持ちがわかる

順に詳しく解説します。

1.客観的に記事を読める

1つめの理由は客観的に記事を読めるからです。

自分の記事って客観的に読むの難しいですよね…
一方でディレクターとして見る他人の記事は、どう頑張っても客観的にしか読めません。

「他人の振り見て我が振り直せ」

客観的に他人の記事をチェックすることで、自分が記事を書く際にも第三者視点で確認しやすくなります。

2.「なんとなく行ってきた修正」に理由がつく

理由2つ目は「なんとなく行ってきた修正」に理由がつくから。

あなたにも
「なんとなくこの表現嫌だな・・」
「こうした方が読みやすいな」
と、うまく説明はできないけど修正した経験があるはずです。

こうした「なんとなくの修正」。
ライターとしてはOKでも、ディレクターとしてはNGです。

「なんとなくこっちのがいいので、直してください」と修正依頼を出されたら、困りますよね。
ディレクターはすべての修正に対して「なぜこう直すべきなのか」理由をつけて説明する必要があります。

結果、なんとなくの修正は「意図を持った修正」に。

「なぜこう書くべきなのか」「どう変えればよりわかりやすくなるのか」
感覚では無くロジカルにわかるようになり、スムーズに記事をかけるようになります。

3.ディレクターの気持ちがわかる

最後の理由はディレクターの気持ちがわかるからです。

ディレクターをやることで

  • 人の記事を修正することの難しさ
  • 修正依頼を出すときの気持ち
  • 雑に修正されたときの悲しさ

を身をもって知ることができます。

特に修正依頼。
ほとんどの場合、ディレクターが自分自身で直した方が早いです。
それでも修正依頼を出すのは、ライターさんに期待・信頼を寄せているから。
一度でも「雑に修正されたときの悲しさ」を味わえば、丁寧に修正依頼を行うようになるはずです。

ディレクターの気持ちがわかるライターさんは、高評価を得られやすくなります。

ディレクターになるための2ステップ

「ディレクター経験が大事なのはわかったけど、なり方わからん」
ディレクターになるには2ステップです。

  1. 勝手に人の記事を添削する
  2. ディレクターとして案件に応募する

順に解説します。

1.勝手に人の記事を添削する

まずは、勝手に人の記事を添削しましょう。

検索上位の記事は突っ込みどころが少ないので、初心者ブロガーが書いているような記事がオススメです。
添削結果を本人に返す必要はありません。
自己満の世界で、勝手に「自分ならここをこう直す」と妄想しましょう。

他の人の記事へのフィードバックが見られる案件を受けているなら、添削後にディレクターのフィードバックと照らし合わせてみましょう。
添削結果の答え合わせができます。

「やっぱりここはそう直すんだ」
「この修正は気づかなかったな~」
等、ただフィードバックを受ける以上の学びがあるはずです。

2.ディレクターとして案件に応募する

ステップ1で添削能力を磨いたら、案件に応募しましょう。

コツは一つ。
そのクライアントの記事を添削して「自分がディレクターならこう直します」と伝えることです。
これをやるだけで、受注率がUPします。

「聴くだけで文字単価UPするラジオ」配信中

当記事の元ネタは、standfmで行った音声配信です。


10分程度で文字単価UPに繋がる情報を毎日配信しています。
この記事が参考になった方は「聴くだけで文字単価UPするラジオ」もフォローしてみてください。

【限定無料公開中】ライティングを学んで「いつでも」「好きな場所で」「好きな人と」働ける状態を目指しませんか?


「人生変えたいけど、転職は怖い」
「今の仕事を一生続けるイメージがわかない」
「独立しようにも、何から手をつけるべきかわからない」

「私の人生、このままでいいのかな」と悩んではいないでしょうか。
行動しようにも具体的に何をすればいいのかわからず、立ち往生してしまいますよね。

そんなあなたに「Webライティング」をオススメします。
このコースでは、ライティングで収入の不安が0になり、会社を立ち上げるまでに至ったじゃぱそんから…

  • 悩めるあなたがライティングを学ぶべき3つの理由
  • ライティングを学ぶメリット
  • 初心者が陥りがちな7つの注意点
  • ライター1本で食えるようになるための4ステップ

をお伝えします。

コースを最後まで受講すれば、会社を辞めても食べていける『ライティングスキルの身に付け方』がわかります。
収入に対する不安0への第一歩を、一緒に踏み出しましょう。

 

今すぐ登録して『いつでも家族と旅行できて、毎日昼間にサウナに行ける』そんな自由への一歩を踏み出してください。
それでは、セミナーでお待ちしています。