自分らしく働きたい女性はWebライターがおすすめ!きついけど辞めたくない理由を公開

「女性Webライターの仕事が気になる」
「きついって本当なの?」
「主婦で未経験の私でもなれるかな…」

女性Webライターの労働条件や報酬、仕事内容が気になっていませんか?

この記事ではWebライターとして働く私が、

  • 仕事内容と報酬
  • 「きつい」「やばい」という噂の真偽
  • 初心者から高単価を狙う方法

についてリアルな情報をお届けします。

「仕事内容や報酬によっては自分もチャレンジしてみたい…!」という方は、ぜひ参考にしてください。

この記事の著者

kawano

  • Webライター3年目
  • 離婚後、Webライターの稼ぎのみで生計をたてる
  • 長男が「ネットにママの記事がたくさんある」と自慢しだしてうれしいアラサー

きついって本当?女性Webライターのリアルを公開

「Webライターはきついからやめたって人が多い」なんて耳にすると不安になりますよね。

Googleで「Webライター」を検索してみても…

「きつい」「やめた」とネガティブワードが並んでいます。

包み隠さずお伝えすると、Webライターは慣れるまできついです。
心が折れれば、やめたくなります

でも慣れるまできついのは、どんな仕事でも言えること。

この章では、次の3つについてお話しします。

  • Webライターとは
  • 女性Webライターの仕事内容と報酬
  • きついと言われる理由

Webライターとは

Webライターとは、ネットの記事を執筆する職業のこと。

ただ記事を書くだけでなく、サイトを訪れたユーザーのニーズを満たすコンテンツ作成をしています。

Webライターは目的によって分類されます。

  • SEOライター:狙ったキーワードをネット検索で上位表示させる
  • 取材ライター:取材対象の想いや魅力を100%伝える
  • コピーライター:商品やサービスの特徴・魅力を引き出すキャッチコピーを考える
  • セールスライター:商品やサービスを売るために特化した文章を書く

この記事では、SEOライターについてお話していきます。

女性Webライターの仕事内容や報酬

具体的な仕事内容としては、以下の流れです。

  1. クライアントからキーワードの指示を受ける
  2. リサーチ
  3. 構成(文章の骨組み)の作成
  4. クライアントに構成チェックを受ける
  5. 執筆
  6. 記事の納品

納品後に修正依頼があれば対応します。

女性に特化した依頼では、子育てや美容などがあります。
趣味や知識に長けた分野に絞り、依頼を受けることも可能です。

私の場合、報酬は毎月30万~40万円、労働時間は日によってマチマチ。
平日でもまったく稼働しない日もあれば、休日も作業するときもあり、自分都合で調整しています。

時給に直すと2000~5000円でした。
副業のパートでは時給1300円なので、Webライターは割が良いと分かりますね。

▶参考リンク:Webライターの労働時間ってどれぐらい?生産性アップの方法を解説!

Webライターは慣れるまできつい

「時給2000~5000円!めっちゃ良いじゃん!」と思いますよね。
確かに今は良いのですが、はじめてすぐ得られる金額ではありません

未経験かつライティングに関する知識が少ないうちは、どうしても単価が低いです。
そのうえ執拗なアドバイスを受けることもあり、やめたくなる気持ちがよく分かります。

実際、全力で書いても「やる気あります?」「レベル低すぎるので契約打ち切ります」なんて言われたこともありました。

しかし当時の私が書いた記事の質が低いのは紛れもない事実。
読者の悩みを解決する記事を書けない私は、クライアントにとって必要なかったわけです。

ライティングでは「この記事、私のために書いてくれたのかも…」と思われるくらい読み手のことを考える考察力、実際にその人の力になれる文章力が必要です。
すぐに力がつけば良いのですが、私のように時間がかかる人もいます。

Webライターは個人プレイなので孤独感も強く、余計にきつく感じるのかもしれません。

女性にWebライターをおすすめする5つの理由

きつい時期を乗り越えてでも、女性にWebライターをおすすめする理由は5つあります。

  1. ライフイベントと両立できる
  2. 主婦しながら仕事ができる
  3. いくつになっても評価される
  4. 未経験でも今すぐ始められる
  5. 努力すればサラリーマン以上に稼げる

順に解説します。

1.ライフイベントと両立できる

ライフイベントと両立できます。
結婚や出産など、働き方を左右されやすい女性にピッタリの仕事です。

仕事量を調整できますし、予定に合わせて進捗状況をコントロールすれば、誰にも迷惑をかけずにイベントを満喫することも。

旅行や帰省でまとまった休みが欲しいときも、自分の都合でとれますよ。

2.主婦しながら仕事ができる

主婦をしながら仕事ができる点もおすすめポイントです。
育児や家事で大忙しのお母さんも両立できます。

私も次男を幼稚園に入れるまでは、自宅で一緒に過ごしながら仕事を続けていました。
今ほどではありませんが、当時も10万円前後はありましたよ。

扶養内で働こうか迷っている方にもおすすめです。

3.いくつになっても評価される

年齢に関係なく評価される点も、おすすめしたいポイント。

質の良い記事を書けたとき、ディレクターやクライアントから「良い記事ですね!」「最高です!」なんて言われると、照れくさい反面とても嬉しくなります。

もちろん悪い評価をされることもありますが、だめな箇所を教えてもらうのは成長のチャンス次の依頼で生かせば「成長しましたね!」と褒めてもらえるはずです。

育児や家事は女性がして当たり前のような風潮があり、頑張っているのに誰にも褒められない・愚痴れない日々に、私は不満ばかりがたまっていました。

そんな中で記事を評価されたことは、Webライターにのめり込むきっかけだったかもしれません。

4.未経験でも今すぐ始められる

Webライターなら未経験の方でもすぐに始められます
はじめるだけなら、お金も時間も知識も必要ないからです。

事実、私がWebライターとしてデビューしたとき、知識はほぼゼロの完全未経験者。
行ったことは、クラウドソーシングへの登録だけでした。

Webデザイナーやエンジニアなど、在宅でできる仕事はたくさんあります。
しかしどれも技術や専門知識が必要で、今すぐ始めるのは難しいものばかり。

Webライターであれば、やろうと思ったその日からできます。

5.努力すればサラリーマン以上に稼げる

実力をつければ、サラリーマン以上に稼げる世界です。

フルタイムで働いていた20代の頃、私の年収は360万円ほどでした。
またdodaの平均年収ランキングをみると、30代女性の平均年収は377万円です。

もし毎月40万円分の記事を書けば、年収は480万円。
30万円でも年収360万円となり、サラリーマン並みに稼ぐことができます。

超売れっ子Webライターの中には、月収100万を超える方もいます
年収にすれば1200万円以上です。

ライティング力を上げ「書けるWebライター」になれば、家にいながらサラリーマン以上に稼げます。

女性Webライターとして稼げるようになる方法

稼げるWebライターになる方法を紹介します。

  1. とにかく記事を書く
  2. ライティングの勉強をする
  3. 記事の添削を受ける・添削してみる
  4. へこたれないマインドを持つ
  5. 継続する

私が月収10万円から40万円まで上げるため実践したものばかりです。
確認していきましょう!

1.とにかく記事を書く

とにかく記事を書きましょう。
書かないとわからないことがたくさんあります。

「書きたいけど、仕事なんてすぐ受けれないし…」と思っていませんか?
仕事でなくとも、noteやブログを使えば記事はいくらでも書けます。

例えば、

  • Webライターとして歩き始めた生活について
  • 趣味の編み物について

など自分を題材にできるものだと書きやすいでしょう。

書いた記事を武器に営業をかけることもできます。
まずは書きましょう。

2.ライティングの勉強をする

記事を書きながら、ライティングの勉強もしましょう
どうやったら上手く書けるのかが分からずに、悩んでしまう時間が勿体ないからです。

勉強方法は、参考本や講座、Twitterなどがあります。

私が参考にしている本は次の2つ。

また受けて良かったと感じているライティング講座は以下の2つです。

TwitterでもたくさんのWebライターが有益な情報を呟いています。
ぜひ「#Webライター」「#ライター」で検索してみてくださいね。

3.記事の添削を受ける・してみる

記事の添削はライティング力を伸ばすチャンスです。
自分の文章の弱みや強みが分かり、書くコツが掴めるようになります。

先ほど紹介したWriting Hacksでは、講師の方による記事の添削を受けられます。
また添削の機会がない方は、他のWebライターの記事の添削をみるのもおすすめです。

本メディアの代表であるじゃぱそんさんも、実際にWebライターの記事をチェック・修正した動画をメルマガで配信しています。

こだけの話、私は彼の濃厚なアドバイスで単価を伸ばしているようなものです。


今は特定の条件を満たした人しかメルマガに入れないそうです。
ページ一番下のリンクにヒントがあるかも…ぜひチェックしてみてくださいね。

4.へこたれないマインドを持つ

へこたれないマインドを持ちましょう!
傷つく言葉も落ち込むような評価も、全部吸収して見返すくらいの強い意思があれば、あなたも稼げるようになります。

Webライターは「書けるようになるまで」がきついです。
ある程度の評価をもらえるようになった現在でも、実力の低さに打ちのめされる日があります。

でも落ち込んで立ち止まることはしません。
悔しいけど自分を変えられるのは自分しかいないのだと奮い立ち、今日も記事を書いています。

へこたれないマインドを持ち、どんどん記事を書きましょう。

5.継続する

稼げるようになるには、継続が欠かせません
書けないまま辞めてしまえば、稼げないWebライターとして終わってしまいます。

最低でもまずは1ヶ月、記事を書いてみましょう。
楽しくなってきたら半年、1年と続けていけるはずです。

気付いたときには、稼げるWebライターとして活躍しているかもしれませんね。

未経験でも高単価を目指せるWebライターの始め方5ステップ

「せっかくなら早く稼げるようになりたい!」という方へ、高単価を目指せるWebライターの始め方5ステップを紹介します。

  1. ライティングの基礎知識を習得
  2. ブログやnoteで記事を執筆
  3. クラウドソーシング・SNSに登録
  4. 気になる案件に応募
  5. 渾身の一記事を執筆

私も3年前に知りたかった…。
詳しい内容を説明します。

1.ライティングの基礎知識を習得

まずはライティングの基礎知識を習得しましょう。
読者が読みやすい文章には一定のルールがあるからです。

基礎知識は先に紹介したライティング講座でも身に付きます。

本メディアのコラムでも、未経験からスタートして3ヶ月で高単価案件を獲得したWebライターのMarikoさんが、受注するコツを解説しています。

▶参考リンク:ライティングってどうやって練習すればいいの?効率的な練習方法を解説!

ネットの記事を読み漁ったり、読書をするのもおすすめ。
読みやすいなと感じた文章は、どんどんパクッていきましょう!

2.ブログやnoteで記事を執筆

はじめから高単価を狙うのなら、ブログやnoteで記事を書き、実績を増やしましょう
学んだ基礎知識を活かしながら、今書ける全力の記事を増やしていくのです。

提示できる記事がないまま応募すると、契約を断られる可能性は大いにあります。
高単価の案件なら、なおさらです。

執筆した記事の質が高ければ、初心者でも採用される可能性が上がります

3.クラウドソーシング・SNSに登録

記事がある程度たまってきたら、案件を探すためにクラウドソーシングやSNSへ登録しましょう。

人気のクラウドソーシングは次の2つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

初心者はクラウドワークスの方が受注しやすいですが、高単価を狙うのであれば断然ランサーズ推し。
クラウドワークスは低単価の案件が目立ちます。

またTwitterでもWebライターを募集しているクライアントがいます。
「#ライター募集」で検索してみましょう。

クラウドソーシングよりもTwitterの方が高単価なものが多く、仲介料もとられないので稼ぎたい方におすすめです。

4.気になる案件に応募

気になる案件に応募していきましょう。
受かるかどうかは分からないので、とにかく応募しまくって大丈夫です。

案件に応募する際は、ポートフォリオがとても重要になります。
「このライターに書いてもらいたい!」「この人と働きたい!」と思われる内容にしましょう。

でも、理想のポートフォリオがどんなものか分からないですよね。

そこで役立つのが、書き溜めたブログやnoteです。
実力を知ってもらう一番のポートフォリオになります。

▶参考リンク:【ブログ書かないWebライターは不採用】3つの理由をクライアントが解説します

5.渾身の一記事を執筆

希望の案件を受注できたら、渾身の一記事を書き上げましょう!
クライアントの期待を上回る記事を納品できれば、案件を継続できます。

評価を得られれば、自信にもつながります。
またクライアント経由で、新しい案件を紹介してもらえる可能性もあります。

ここからは継続するのみ!
一緒にWebライターとして躍進していきましょう。

女性Webライターとして自分らしく働こう

女性がWebライターとして働くメリットはたくさんあります。
自分のことを大切にしながら、きちんと評価される仕事をしたいのであれば、ぜひチャレンジしてください

気になる方は、本メディアの代表が贈るメルマガを読んでみませんか?

実際に書いた記事に対するアドバイスを見るだけでも、Webライターとして活躍するヒントを得られますよ。

【限定無料公開中】ライティングを学んで「いつでも」「好きな場所で」「好きな人と」働ける状態を目指しませんか?


「人生変えたいけど、転職は怖い」
「今の仕事を一生続けるイメージがわかない」
「独立しようにも、何から手をつけるべきかわからない」

「私の人生、このままでいいのかな」と悩んではいないでしょうか。
行動しようにも具体的に何をすればいいのかわからず、立ち往生してしまいますよね。

そんなあなたに「Webライティング」をオススメします。
このコースでは、ライティングで収入の不安が0になり、会社を立ち上げるまでに至ったじゃぱそんから…

  • 悩めるあなたがライティングを学ぶべき3つの理由
  • ライティングを学ぶメリット
  • 初心者が陥りがちな7つの注意点
  • ライター1本で食えるようになるための4ステップ

をお伝えします。

コースを最後まで受講すれば、会社を辞めても食べていける『ライティングスキルの身に付け方』がわかります。
収入に対する不安0への第一歩を、一緒に踏み出しましょう。

 

今すぐ登録して『いつでも家族と旅行できて、毎日昼間にサウナに行ける』そんな自由への一歩を踏み出してください。
それでは、セミナーでお待ちしています。