副業Webライターで月10万円!具体的なスケジュールを大公開

「副業Webライターのスケジュールが知りたい」
「他のライターは、どう取り組んでいるの?」
「どれくらい頑張ったら、いくら稼げるんだろう」

自分の仕事の進め方に問題ないのか、他のライターのスケジュールが気になることもありますよね。
Webライターは基本的にひとりで仕事をするので、初心者のうちは心配になって当然です。

注意していただきたいのは、大きく稼ごうとスケジュールを無理に詰め込むと、消耗してしまうこと。

そこで本記事では、現役フリーランスライターの小橋川が

  • 副業で結局いくら稼げるのか
  • 1ヶ月のスケジュール
  • 1週間のスケジュール
  • 1日のスケジュール

を掘り下げて解説しています。

本記事を読めば、10万円稼ぐ副業ライターのスケジュールと、その注意点がわかります。
長期的に稼げるライターになるために、ぜひ最後までご覧ください。

副業Webライターで月10万円は稼げます

副業Webライターでも、月10万円は稼げます。私の副業時代、最高月収は2021年2月の99,000円でした。
「10万円に届いてないじゃん!」とツッこまれそうですが、2月だしあと1,000円位は大目に見てください。

とはいえスケジュールはカツカツでした。
就業環境に恵まれていた中で、かなり頑張ってようやく達成できた形です。

当時の私は、コロナの影響で会社をクビになることが確定。

会社が時短営業を取り入れていることもあり、15時には退社できる状況、土日祝日も出勤は無く、副業をするには本当に恵まれた環境です。

そんな中、どの程度頑張って副業で10万円稼げたのか、具体的なスケジュール感をお伝えしていきます。

副業 Webライターの1ヶ月のスケジュール

 

項目詳細
執筆本数10本/月
文字単価2円
クライアント1社
作業範囲
  • キーワード選定
  • 構成作り
  • 執筆
  • WordPress入稿

10万円稼いだ月に書いた記事の本数は、10本でした。
文字単価2円で3,000〜10,000文字、修正やチェック無し、キーワード選定からWordPress入稿までという内容です。

はじめから文字単価2円だったわけではなく、3ヶ月かけてクライアントと信頼関係を築き、文字単価1円から2円に上げてもらいました。
今になって思うのは、文字単価1円の案件が3ヶ月で2円に上げてくれるのはレアケースだと思います。

私の記事がクライアントさんにハマったのか、ライターさんが不足していたのか、理由はわかりませんが、とにかくラッキーで単価交渉が成功。

この件以来7ヶ月、単価が一気に2倍に跳ね上がったことはありません。

  • 副業でも月に10本記事を書くガッツ
  • 文字単価2円の案件に巡り会う運

副業で10万円稼ぐには、この2つが必要です。
文字単価2円が難しければ、執筆本数が増え、スケジュール管理もいっそう難しくなるでしょう。

1週間のスケジュール

 

項目詳細
執筆本数1~3本/週
1日の執筆文字数3000文字程度
執筆した曜日平日

毎週1〜3記事を納品していました。
土日は二人の子供たちが家に居るため仕事にならず、執筆は基本的に平日です。

3,000文字程度の記事であれば1日で書き上げてしまうこともありましたが、5,000文字を越える頃から文章がまとまらず、2~3日かけて1記事を書き上げていました。

10,000文字を越える記事に至っては、1週間かけてその1本しか書けません。
いずれにせよほとんど毎日、夜中まで起きて執筆していたのを覚えています。
無理をしていたので毎日眠かったですが、仕事をクビになるという恐怖が原動力になったのはラッキーでした。

眠いけど寝ていられない、そんな状況だったからこそ1週間に1〜3記事という過酷なスケジュールも乗り越えられたのだと思います。

1日のスケジュール

副業時代の1日のスケジュールは、およそ下の表の通りです。

時間行動
7:00〜9:30
  • 起床・朝の準備
  • 子供たちを学校へ
  • 出勤
9:30〜15:00本業(コロナ対策で時短営業)
15:00〜17:30帰宅して執筆
17:30〜22:30子供のお迎え〜寝かしつけるまで

(終始ドタバタ)

22:30〜25:00執筆
25:00〜26:00就寝準備〜就寝

毎日のスケジュールで、最優先は子供たちの世話です。
送り迎えから食事の準備、お風呂、寝かしつけまで私がメインで動きます。

隙間時間を使って執筆する副業ライターさんも多いようですが、私はまとまった時間がないと筆が進みません。
仕事の休憩や、食後時間では執筆が進まなかったので、隙間時間はもっぱら勉強に使っていました。

下記のすべてを使い、気になったものはどんどん取り入れてスキルアップ。

  • 書籍
  • 有料講座
  • YouTube
  • Webサイト

副業時代に購入した有料講座が、現在では多くの仕事に繋がっています。

執筆に関しては、子供たちが寝静まった深夜が一番はかどりました。
眠くなって布団に入っても「ライターの仕事がうまくいかなかったらどうしよう」と眠れないことも。
どうせ眠れないならと執筆を進めた日もあり、そのおかげで納品本数は増えていきます。

15時には帰宅できる恵まれた環境でも、スケジュール的には余裕はなかったです。

副業で効率的に稼ぐ3つの方法

ここでは、副業で効率的に稼ぐ方法をご紹介します。
次の3つのポイントを押さえると良いでしょう。

  1. 知識のあるジャンルで案件を探す
  2. 文字単価1円以下の仕事は受けない
  3. 修正の少ない案件で稼ぐ

それぞれの理由まで解説します。

1.知識のあるジャンルで案件を探す

知識のあるジャンルで案件を獲得できると、稼げます。
元々知識があると、以下2つのメリットがあります。

  • リサーチに時間がかからない、
  • 質の高い記事を書け、単価アップにも繋がりやすい

自分の知識レベルを知るために、そのジャンルについてのキーワードにおける上位10記事を読んでみましょう。
読んだ時の感想は次の1〜4の中でどれが近かったでしょうか?

  1. 内容が物足りないように思う
  2. 内容を理解できる
  3. よくわからないが興味はある
  4. 興味がなく、読むのがつらい


1ならば積極的に案件を探しましょう。4のジャンルは手を出すべきではありません。

知識があるジャンルと興味が無いジャンルとでは、冗談抜きで作業時間が3倍は変わります。
効率的に稼ぎたいなら、サクサク書けるジャンルを選ぶとよいでしょう。

知識のある分野がなかったとしても、少なくとも興味を持てるジャンルにすることをおすすめします。

2.文字単価1円未満は受けない

効率的に稼ぎたいなら、文字単価1円未満の案件を受けてはいけません。
副業をしながら数万文字の執筆をするなんて、現実的ではないからです。

私が副業で99,000円を稼げた時、文字数に直すと45,000字でした。
文字単価1円で10万円稼ぐとすれば10万文字書かなければならず、文字単価1円を下回るなら、さらに多く執筆する必要があります。

正直に言って、そんなの無理です。

文字単価2円は滅多にないかもしれませんが、文字単価1円なら探せば見つかるはず。
自分を安売りせず、文字単価1円未満は受けないほうが、効率よく稼げます。

3.修正やチェックの少ない案件で稼ぐ

修正やチェックが多い案件では効率よく稼げません。
待ち時間や予想外の時間がとにかく多いからです。

以下は、構成と記事にチェックが入る場合の流れです。

  1. 構成提出後のチェック待ち
  2. 構成の修正指示があれば、修正
  3. 構成修正後のチェック待ち
  4. 記事納品後のチェック待ち
  5. 修正指示を受け、修正
  6. 修正後の記事のチェック待ち

それぞれの工程が1日で終わったとしても6日です。

修正が無いクライアントなら、完成した記事を一発でWordPressに入稿できます。

1つの記事で何度もやりとりする必要はなく、納品後すぐに次の仕事に取り掛かれてスムーズです。

ライターの実力も関わりますが、修正の有無は、クライアントのやり方によるところが大きいでしょう。
ほとんど修正指示をしないクライアント・毎回修正指示を出すクライアントどちらもいます。

効率を追求するなら、修正がない案件のほうが稼げるのは事実です。

効率を追求しすぎるとよくない3つの理由

効率を追求しすぎる人へ、注意して欲しい点もお伝えしたいです。
具体的には次の3つ。

  1. フィードバックを受けられない
  2. 勉強の時間を確保できない
  3. 体を壊す

すべて大切なことなので、一読しておくことをおすすめします。

1.フィードバックを受けられない

フィードバックを受けられなくなると、スキルアップが難しくなります。
文章で改善すべきポイントを、自分で探さなければいけないからです。

修正依頼が多い案件は、効率よく稼ぐことはできませんが、あなたの文章に何かしら意見をくれます。

フィードバックの中には、今後も取り入れたい改善ポイントもたくさんあるんです。
効率を追求して、修正ゼロの案件だけをこなしていては、記事の質を上げていけない点に注意しましょう。

2.勉強の時間を確保できない

空き時間をすべて執筆にあてれば、短期的には効率的に稼げます。ただしインプットの時間がないため、ライティングスキルは上がりません。

ライティングスキルが上がらなければ単価も上がらず、低単価の案件を大量にこなさなければ稼げない⇔勉強の時間が取れない負のスパイラルに入ってしまいます。

副業ライターのほとんどはそうして文字数ばかり追求しているので、逆にちょっと勉強するだけで差をつけられます。
あまり稼ぐことばかりに目が行ってしまうと、単価UPに時間がかかり、かえって稼げなくなってしまうかもしれません。

3.体を壊す

目先の効率を追求すると、体を壊します。
「空いてる時間がとにかくもったいない」と感じてしまい、睡眠や食事がおざなりになりやすいからです。

無理をすると、最大の資本である体が壊れるので注意しましょう。

現職が忙しすぎる場合はいったん転職するのも手

現職が忙しすぎるようであれば、いったん転職するのもひとつの手です。

  • 副業の時間を確保できるか
  • 長期的に取り組める環境か

これらは本業に大きく左右されるからです。

本業の就業時間や出勤日は、工夫してもどうにもなりませんよね。
ゆくゆくはWebライターとしてフリーランスを目指すなら、思い切って環境を変えてみてもいいかもしれません。

【まとめ】効率的なスケジュールで大きく稼ぐことも可能

副業Webライターでも、効率的なスケジュールで大きく稼ぐことは可能です。
具体的には、1ヶ月で10万円も夢ではないでしょう。

ただし効率ばかりを重視すると、短期的な成果しか得られないので要注意。
収益も確保しつつ、長期的な戦略を持って稼げるライターを目指していきましょう。