Webライターの仕事の流れをポイント付きで解説します

「Webライターの仕事の全体的な流れが知りたい」
「どんな手順で記事を書き上げるの?」
「報酬が受け取れるのはいつ?」

Webライターに興味があるものの、全体の流れがわからないと不安ですよね。
仕事の流れを知らず、言われるがまま仕事を進めると、悪質な業者に騙されてしまうかもしれません。

そこで本記事では、株式会社じゃぱそんが、

  • Webライターの全体的な仕事の流れ
  • 稼げるWebライターだけがやっている2つのこと

の情報をまとめました。

本記事を読めば、Webライターの仕事の流れを知るだけでなく、稼げるライターとしての一歩を踏み出せます。
ぜひ最後までご覧ください。

Webライターの仕事の全体的な流れ

まずはWebライターの仕事の全体的な流れから確認しておきましょう。
仕事の獲得から報酬を受け取るまでの流れを、以下の表にまとめました。

おおまかな流れ詳細
執筆前1.仕事の獲得
2.マニュアル・依頼内容の確認
執筆1.リサーチ/取材
2.構成作成
3.記事執筆
4.推敲
納品5.納品とクライアントチェック
6.修正と再納品
7.報酬の受け取り

 

表の通り、Webライターの仕事は大きく3つに分けられます。

  1. 執筆前
  2. 執筆
  3. 納品

それぞれの段階で、具体的にどのような仕事に取り組むのかまで解説しています。

本記事で解説するのは、Webライターの仕事の中でも主要な『SEO記事執筆代行』についてです。
取材記事やランディングページの場合は、違った流れになることをご容赦ください。

執筆前

仕事を獲得し取り組むまでの流れを解説します。
執筆前にやることは、次の2つです。

  1. 仕事の獲得
  2. マニュアル・依頼内容の確認

それぞれの詳細を解説します。

1.仕事の獲得

まずは仕事を獲得しなければいけません。
Webライターが仕事を獲得する代表的な方法を、表にまとめてみました。

方法詳細
クラウドソーシングでの応募クラウドソーシング上の募集案件に応募する。ほとんどのWebライターはこの方法から初仕事を獲得。
SNS上の募集へ応募SNS上でライターを募集する投稿やアカウントに対して応募する。Twitterでは「#ライター募集」のタグなど、積極的にライターを探す動きもある。
コミュニティ経由で申し込むライター向けのコミュニティやオンラインサロンへ参加。コミュニティ内で案件情報の共有や、ライター募集がある場合、応募できる。
クライアントに直営業する執筆したいメディアや、信頼できるクライアントを見つけたら、直接営業も可能。合格率は低いが希望する仕事ができるメリットは大きい。
ブログにポートフォリオを載せておく自分のブログを開設し、執筆実績や募集条件を公開、問い合わせを待つ。数は少ないが条件のよい仕事が来るケースも多い。

表の通り、基本的にはあなた自身が仕事を探すことになります。
ブログや、SNSから直接オファーがくる場合もありますが、頻度は少なく、コントロールもできません。

稼いでいるWebライターは自ら仕事を獲得していきながら、問い合わせが来やすい環境を整えています
Webライターの仕事の流れとしては、基本的に仕事獲得の行動から始まると考えてよいでしょう。

2.マニュアル・依頼内容の確認

Webライターが仕事を獲得した後は、細かなマニュアルや依頼内容を確認します。
おおよその納期や報酬、執筆ジャンルは募集時に公開されていることが多いものの、その他細かい決まりごとは、クライアントごとに違うものです。

具体的には、以下を確認します。

確認すべき内容詳細
連絡手段ChatworkやSlackなど、連絡手段や質問の仕方について。
契約書類関係報酬に関する契約のほか、守秘義務などお互いを守るための契約を交わす。
執筆ルール最低限守るべきルールや、参考にするサイト、優先的に引用する情報など。
業務の進め方納期の設定や、構成チェックの要不要など。
請求や報酬のルール請求書の用意を誰が行うのか、報酬の支払日はいつかなどを決める。

仕事の進め方、守るべきルールはクライアントごとに変わります。
Webライターの仕事はクライアントワークなので、クライアントの決めたやり方に従わなければなりません。

マニュアルや依頼内容は、プロ意識をもって確認しましょう。
なお、一理不尽な要求をされた場合は、クライアントに対してしっかり交渉することも重要です。

執筆

ここでは、執筆の流れを解説します。
執筆は、以下4段階です。

  1. リサーチ/取材
  2. 構成作成
  3. 記事執筆
  4. 推敲

それぞれの業務内容を解説します。

1.リサーチ/取材

クライアントから指定されたキーワードについてのリサーチから始まります。
執筆する内容について詳しく知っていなければ、検索者の悩みを解決する記事は書けないからです。

指定されたキーワードについては、以下6つの方法でリサーチすると多くの情報が手に入ります。

  1. Googleで検索し上位表示された記事を読む
  2. YouTubeで検索し人気の動画を見る
  3. Kindleなど電子書籍で検索し、本を読む
  4. Yahoo!知恵袋で検索し、ベストアンサーを見る
  5. SNSで検索し、生の声を知る
  6. メーカーや企業に直接問い合わせ・取材する

Webライターが徹底的にリサーチをおこなえば、記事の情報密度が濃くなり、良質な記事が完成します。

2.構成作成

リサーチによって材料を集めたら、構成を作成します。
構成作りは記事の見出しを作る作業です。どの情報をどんな順番で伝えるかを決めていきます。

読者の悩みを解決できる記事を書くには、情報を伝える順番やボリューム感が重要。
Web上の記事を読む読者はせっかちで、結論を早く知りたがる傾向にあります。
読者の一番知りたいことを真っ先に伝えられるよう、構成を組んでいきましょう。

稼げるWebライターほど、時間をかけて構成作りを行っています。
「どのタイミングでプラスアルファの情報を添えるべきか」
「どういう順番にすればわかりやすいか」などを考え、丁寧に作成しましょう。

3.記事執筆

構成が決まったら、いよいよ記事の執筆に取り掛かります。
リサーチや構成作成がうまくいっているほど、執筆はスムーズに進むでしょう。

「誰に向けて何を書くか」がリサーチ段階で決まり、「どの順番でどの程度伝えるか」を構成段階で決めているからです。

以下のような工夫をして、理解しやすい文章を書いていきます。

  • 結論ファーストで書く
  • 具体例を入れる
  • 根拠となる情報を引用する

記事執筆は、リサーチや構成で準備したものを「どう伝えるか」が問われる工程です。

4.推敲

記事が書きあがったら、必ず読み返して推敲します。
どんなライターでも、一発で完璧な文章は書けないからです。

推敲では、以下を行います。

  • 誤字脱字のチェック
  • わかりにくい表現の修正
  • 冗長な部分の削除

稼げるライターほど推敲に時間をかけ、記事のブラッシュアップにつとめています。
推敲は、執筆直後ではなく翌日の朝など、時間を空けてから行うことをオススメします。
記事を寝かせてからのほうが、客観的にチェックしやすいためです。

可能であれば何度も推敲したいところですが、ライターには納期があります。
最低限1回は推敲を行いましょう。

納期ギリギリに書いていては、時間を空けてのチェックができません。
前日までには書き上げられるよう、余裕を持ったスケジューリングをおすすめします。

納品

ここでは、Webライターが記事を納品した後の流れを解説します。
納品後の仕事は次の3工程です。

  1. 納品とクライアントチェック
  2. 修正と再納品
  3. 報酬の受け取り

いよいよ報酬の受け取りも見えてきました。
ひとつずつ確認していきましょう。

1.納品とクライアントチェック

記事が完成たら、クライアントに提出しチェックをしてもらいます。
一発OKの場合もありますが、基本的には修正が発生するものと考えておきましょう。

修正は

  • 言い回しの修正
  • 足りない情報の追記
  • 証拠となるデータの追加

など、細かいものから大がかりなものまで様々です。
対応する時間を、あらかじめスケジュールに組んでおくことをおすすめします。

依頼があった内容は次から書く記事にも極力反映し、修正を減らす努力も必要です。

2.修正と再納品

修正依頼があった場合は、修正した後に再度納品します。

クライアントの求める記事の執筆がライターの仕事。
修正依頼にしかたなく対応するではなく、プロとしてより良い記事に仕上げていきましょう。
クライアントからの修正点が無くなれば、作業は完了となります。

3.報酬の受け取り

報酬の受け取りも忘れずにチェックしましょう。
残念なことに報酬を支払わずに連絡がつかなくなるクライアントも存在するからです。

執筆前の段階で契約書を取り交わす、ホームページなどで事前に会社の情報を調べておくなど、対策を講じておくのも良いでしょう。

クラウドソーシングの場合は、クライアントの仮払いを確認後に執筆を進めれば、報酬の不払いの心配はありません。

【+a】納品後のチェック

ここからは、稼げるライターが行っているプラスアルファの作業をご紹介します。
具体的には次の2つです。

  1. 公開された記事をチェック
  2. 記事の順位をチェック

順に詳しく解説します。

1.公開された記事をチェック

記事を公開するメディアを知らせてもらえているなら、公開された自分の記事をチェックします。

ほとんどの場合、あなたが書いた文章の一部を、クライアントが書き換えた上で公開しているでしょう。
どこがどう書き換えられているかを知ると、良い学びになります。

文字数を減らして読み手の負担を減らす、順番を入れ替えて理解しやすい文章にするなど、なんらかの理由があって書き換えられているからです。

自分が書いた文章と見比べて、よいと思った技術を積極的に取り入れていきましょう。

2.記事の順位をチェック

SEO記事の執筆をしたなら、納品した記事の順位はチェックし、上位表示されるための研究をしましょう。
「上位表示される記事」こそが、あなたに求められていた仕事だからです。

順位をチェックするには2つの方法があります。

  1. 指定されたキーワードで実際に検索をかける
  2. 順位チェックのツールを使う

執筆した記事が上位表示されたなら、それは紛れもなくあなたの実績です。
既存のクライアントに対し報酬アップを打診する、ポートフォリオに載せるなど、有効活用するとよいでしょう。

ポートフォリオに載せる際は、どこまで公開して大丈夫か、クライアントに必ず確認しましょう。

【まとめ】全体の流れは参考程度、クライアントに合わせた仕事が大事!

Webライターの仕事の流れは、以下の3つの段階があります。

  1. 執筆前
  2. 執筆
  3. 納品

クライアントごとに細かい流れが変わりますので、柔軟な対応を心がけるとよいでしょう。
一方でクライアントの言いなりになるのではなく、きちんと報酬をもらうための危機管理もしなければいけません。

全体の流れは参考程度に、プロ意識をもってクライアントの求める記事を執筆していきましょう。

【限定無料公開中】ライティングを学んで「いつでも」「好きな場所で」「好きな人と」働ける状態を目指しませんか?


「人生変えたいけど、転職は怖い」
「今の仕事を一生続けるイメージがわかない」
「独立しようにも、何から手をつけるべきかわからない」

「私の人生、このままでいいのかな」と悩んではいないでしょうか。
行動しようにも具体的に何をすればいいのかわからず、立ち往生してしまいますよね。

そんなあなたに「Webライティング」をオススメします。
このコースでは、ライティングで収入の不安が0になり、会社を立ち上げるまでに至ったじゃぱそんから…

  • 悩めるあなたがライティングを学ぶべき3つの理由
  • ライティングを学ぶメリット
  • 初心者が陥りがちな7つの注意点
  • ライター1本で食えるようになるための4ステップ

をお伝えします。

コースを最後まで受講すれば、会社を辞めても食べていける『ライティングスキルの身に付け方』がわかります。
収入に対する不安0への第一歩を、一緒に踏み出しましょう。

 

今すぐ登録して『いつでも家族と旅行できて、毎日昼間にサウナに行ける』そんな自由への一歩を踏み出してください。
それでは、セミナーでお待ちしています。