この記事では「UpdraftPlus」の定期バックアップの設定方法について解説します。

「UpdraftPlus」はWordPressデータのバックアップと復元が手軽にできるプラグインです。

以下の点が、有名なBackWPupよりも優れています。

  1. GoogleDriveをバックアップの保存先にできる
  2. プラグイン内の機能で復元もできる

自動バックアップを設定しておけば、定期的にバックアップを保存し続けてくれます。
バックアップを取り忘れることがないように、ぜひ設定しておきましょう。

定期バックアップでは以下の2つを設定できます。

  • いつバックアップをとるか
  • どこに保存するのか

    実際の画面と合わせて解説していきますので、ぜひ一緒に設定してみてください。

    WordPress管理画面の左メニュー「設定」>「UpdraftPlus バックアップ」
    で「UpdraftPlus」の管理画面に入ります。
    「設定」タブをクリックして開いてください。

    まずはバックアップのスケジュールを決めていきます。

    • ファイルバックアップのスケジュール
    • データベースバックアップのスケジュール

      この2つを設定しましょう。

      手動ではバックアップを取り忘れてしまう可能性があるため、自動設定をおすすめします。

      スケジュールは以下の中から選択できます。

      • 手動
      • 2時間ごと
      • 4時間ごと
      • 8時間ごと
      • 12時間ごと
      • 毎日
      • 毎週
      • 2週間ごと
      • 毎月

                      バックアップはまめにやっていればいい、というわけではありません。
                      たとえば毎日バックアップ、保存数5つの場合。

                      5日目に保存されているデータ

                      • 1日目
                      • 2日目
                      • 3日目
                      • 4日目
                      • 5日目

                              まずは5日目までのバックアップが保存されます。

                              そして6日目には、1日目のバックアップデータは上書きされて削除されてしまいます。

                              6日目に保存されているデータ

                              • 2日目
                              • 3日目 
                              • 4日目
                              • 5日目
                              • 6日目

                                      もし1週間前にWordPressエラーが発生していて、6日目に気づいたとしましょう。
                                      6日目において手元にあるバックアップは、すべてエラー発生後のものだけ。
                                      エラー発生前の状態を復元できません。

                                      では保存数を「10」や「20」に変更してみたらどうなるでしょうか。
                                      バックアップの数が多いほど、バックアップデータの保存先の容量を圧迫してしまいます。
                                      GoogleドライブやDropboxの無料アカウントでは容量オーバーになってしまうかもしれません。

                                      Webライターとしてブログはそれほど頻繁に更新しないでしょう。

                                      おすすめの回数は

                                      • 「毎週」バックアップ
                                      • 「4つ」の保存数

                                        です。

                                        これで1ヶ月分のデータが保存できます。

                                        もちろんお好きな数に変更してもらってもOKですが、保存先の容量にご注意ください。

                                         

                                        続いてバックアップデータの保存先を設定します。
                                        「保存先を選択」からお使いのサービスを選んでください。

                                        おすすめはGoogleドライブです。
                                        一覧の中からGoogleドライブをクリックすると、設定が開きます。

                                        「Google Driveフォルダー」の「UpdraftPlus」は変更できませんので、そのままでOKです。

                                        「バックアップするファイル」の設定も、そのままでOK。

                                        ページ下部の「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

                                        「Google Driveアカウントへのアクセスを許可してください」表示されますので、リンクをクリック。

                                        保存したいGoogleドライブのアカウントにログインしてください。

                                        すでにログイン済みの場合、「アカウントの選択」と表示されます。
                                        保存したいアカウントを選択してください。

                                        UpdraftPlusがGoogleドライブに保存するためのアクセスを「許可」します。

                                        画面が切り替わります。
                                        ここでは「Complete setup」ボタンをクリックするだけでOKです。

                                        WordPressの管理画面に戻ります。
                                        画面上部に「成功: Google Drive アカウントを認証しました。」と表示されていれば、無事にGoogleドライブへの接続ができました。


                                        以上で自動定期バックアップの設定は完了です。