【相場を徹底解説】ランディングページ制作に必要な予算は?

「ランディングページを作りたいけど、予算相場がわからない」
「会社ごとに値段が変わって、どこに頼んでいいのかわからない」
「発注先を選ぶ際のポイントがあれば知りたい」

ランディングページを作ろうと調べてみたものの、予算にばらつきがあって困ってしまいますよね。

そこでこの記事では、Webサイト制作を行っている株式会社じゃぱそんが

  • ランディングページの予算相場
  • 制作会社を選ぶ時のポイント
  • おすすめの制作会社

をご紹介します。

この記事を読めば、ランディングページ制作時の予算感と、制作会社の選び方がわかります。
ぜひ最後までご覧ください。

ランディングページの予算相場

ランディングページの予算は、数万円で済むものから50万円以上のプランなど、目的や作業範囲によって大きく差が開きます

以下の表に予算別にまとめました。
またそれぞれの予算の詳細も紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

予算目的制作者制作期間サポート
10万円以下とにかく安く早くLPが必要フリーランス1週間~1ヶ月なし
10~30万円多少デザインにこだわりたいフリーランス

中小規模の制作会社

2週間~2ヶ月なし
30~50万円デザインやコンテンツにこだわりたい中小規模の制作会社1ヶ月~2ヶ月多少あり
50万円以上本格的にWebマーケティングに取り組みたい中小規模の制作会社

大手制作会社

2ヶ月~3ヶ月あり

 

10万円以下

とにかく安く早くLPが必要という方にはおすすめの予算帯。
主にフリーランスや副業のWeb制作者が制作します。

多くの場合デザインテンプレートを使用して制作するため、制作期間が最短1週間と早く、予算も他より安く済む場合が多いです。

しかしテンプレートを使う分、デザインにこだわることは難しいでしょう。
また個人での制作となるため、制作後のサポートや運用についてはあまり期待できません。

10〜30万円

デザインに多少こだわりがある方におすすめなのが、10万円~30万円程度の予算帯です。
主にフリーランスや安めの中小規模の制作会社が制作します。

デザインテンプレートを使用することは少なく、制作者が依頼主にヒアリングをしてくれるため、希望通りのデザインによるランディングページの制作が可能です。

しかし中の文章や写真といったコンテンツは依頼する側が用意する必要があるため、丸投げはできず、発注者側にもライティングスキルが求められます。

30〜50万円

デザインやコンテンツの構成にこだわりがあるという方におすすめなのが30~50万円の価格帯です。
この予算帯からはフリーランスではなく、制作会社が作成するケースが一般的。

競合やターゲットの調査をしてくれるケースもあり、売上につながりやすいランディングページの作成が可能です。

公開後の改善までサポート行ってくれる会社もありますが、作成しておしまいの場合もあります。
見積やお問い合わせの段階でしっかりと確認するとよいでしょう。

50万円以上

ランディングページを使用して、本格的にWebマーケティングに力を入れたいという方におすすめなのが50万円以上の予算帯です。
主に中小規模の制作会社や大手制作会社が作成します。

ランディングページで1番重要なのはコンバージョン(お問い合わせや購入)です。
これまで紹介した予算帯ではほとんどの場合、コンバージョンまで考えて作ってはくれません。

50万円以上の予算帯では、文章や写真などのコンテンツの作成はもちろん、制作後の更新・改善作業も制作会社が担う場合が一般的です。

定期的にランディングページを改善し、コンバージョン率を上げるためのサポートをしてくれます。

ランディングページの予算が会社によって変わる理由

ランディングページの予算帯が会社によって幅がある理由は、以下の3つです。

  1. デザインにこだわれるか
    デザインテンプレートを使用する場合、工数が減るため安くなる。
  2. 戦略設計を依頼できるか
    ターゲットの選定や競合他社の分析を行うことで、より効果的なランディングページを作れる。
  3. 分析・運用のサポートを行ってくれるか
    コンバージョン率を上げるために、制作会社がサイト分析や改善を行う。

上記の中でも3つ目の「分析・運用のサポートを行ってくれるか」が差が出やすい部分です。

制作するだけの会社もあれば、コンバージョンの改善のために定期的に更新をしてくれる会社もあります。

自社で行えるのが理想ですが、、経験者でないと適切な分析・改善は難しいです。
ランディングページで確実に成果を出したい場合は、分析・運用はプロ(制作会社)に依頼するのがおすすめです。

ランディングページ制作会社を選ぶ際の3つのポイント

ランディングページ制作を依頼する場合、制作会社が多すぎてどういった基準で選べばいいのかわからず、困ってしまいますよね。

ここでは制作会社を選ぶ際のポイント3つを紹介します。

  1. 自社と同じ業種・業界の実績があるか
  2. 予算に妥当性があるか
  3. 制作後のサポートがしっかりしているか

詳しく解説します。

ポイント1:自社と同じ業種・業界の実績があるか

まずはその会社のホームページなどで「自社と同じ業界の制作実績があるか」を確認するのをおすすめします。

自社と同じ業界・業種の制作実績があれば、どんなLPを作ってもらえるのか発注前にイメージしやすく、制作会社としても経験済みの業界・業種なので制作がスムーズに進みます。

例えば、20~30代の男性向けの商品のランディングページを作る場合。

制作会社に、20~30代男性向け商品のランディングページの制作事例があれば「作ろうとしているデザインとイメージが近いか」を簡単に確認できます。

一般的にWeb制作会社はホームページに制作実績や、導入事例として過去の実績を載せているはずなので、しっかりと確認することをおすすめします。

ポイント2:予算に妥当性があるか

ポイントの2つ目は、予算に妥当性があるか確認することです。

発注前にもらった見積に書いてある内容は、細かく確認しましょう。

例えば見積項目に「コンテンツ設計」とだけあった場合、以下の確認が必要です。

  • 競合調査は含まれているか
  • 原稿は一任していいのか
  • 画像は依頼側が用意するのか

見積項目やそれに含まれる内容は制作会社によって様々です。
金額に対して適切な作業内容となっているか、見積の内容を確認しましょう。

ポイント3:制作後のサポートがしっかりしているか

ランディングページ制作後のサポートがしっかりしているか」が、3つ目のポイントです。

具体的には、

  • サポート範囲はどこまでか
  • 更新に対応してもらえるか

を確認しましょう。

最低限の保守・メンテンナンスをする程度のサポート内容の会社もあれば、コンバージョン率などの数値を分析して、改善の施策をする会社もあります。

ランディングページは作って終わりではありません。

コンバージョン率を上げるために、コンテンツや細かいデザインの定期的なアップデートが必要になります。

自社にランディングページを分析・改善する知見がない場合、制作会社に
「更新に対応してもらえるか」
「コンバージョン率の改善に必要な分析・改善提案してもらえるか」

を必ず確認するとよいでしょう。

おすすめのランディングページ制作会社3選

ここからはおすすめのランディングページ制作会社を3つご紹介します。

  1. 株式会社アライバルクオリティー
  2. 株式会社Liments
  3. 株式会社じゃぱそん

あなたの目的と予算にあった制作会社を選ぶとよいでしょう。

株式会社アライバルクオリティー

株式会社アライバルクオリティーは2008年創業の東京と京都に拠点を置くクリエィティブエージェンシーです。
これまでの取引数は1000社以上と、豊富な実績があります。

商材のストーリー性を重視しており、ブランディングといったマーケティングからサイト制作まで一貫して依頼が可能です。

多言語サイトやECサイトなど幅広く対応しています。

ランディングページ制作費:100,000~800,000円
制作実績:https://www.arrival-quality.com/story/

株式会社Liments

株式会社Limentsは、東京都杉並区にオフィスを構えるWeb制作会社。
ランディングページでの集客が得意です。

単に要望どおりに制作するのではなく、ヒアリングに重点を置き、しっかりと商材やターゲットにあったランディングページを制作してくれます。

ランディングページ制作費:200,000~700,000円
制作実績:https://liments.co.jp/portfolio_list/

株式会社じゃぱそん

最後に弊社を紹介します。
ランディングページの作り方を教える動画レクチャーがじゃぱそんのサービスの大きな特徴です。

例えば「よくある質問」の書き方について考えたことがありますでしょうか?
「よくある質問を載せるだけじゃないの?」と思った方は、以下の動画を視てみてください。

 

じゃぱそんの動画レクチャーを受ければ、発注者自身がランディングページを作れる・修正できる状態を目指せます。
丸投げではなく、自社で改善・運用ができるようになりたい方は、ぜひご相談ください。